米雇用統計でしばしば活用されるアコム

アコムは、しばしば投資の為に活用されます。例えばFXという商品です。外貨を使って投資をする商品になりますが、それで売買をする方々の割合はとても多いです。株と違って、幅広い時間帯で売買ができるメリットもあるからです。

そして取引者の方々は、米雇用統計に着目するケースが大変多いです。なぜならそのタイミングでは、レートが大きく動く事になります。1日の一連の動きを見ると、そのタイミングで非常に大きく動く傾向があります。ですので、そのタイミングを見計らって売買をする方も難しくないです。

そしてアコムが、それに活用されるケースもある訳です。上記のようなやり方で売買をするとなると、当然ながら元手が必要になってきます。その資金を確保する為に、アコムから借りるケースもある訳です。実際人によっては、その金融会社から多く借りる事もあります。それで大きな利益が生じるケースも多々見られるので、一考してみる価値はあるでしょう。

 

開示手続きで郵送物に配慮してくれる

株価が安値の更新を続けると、色々と融資を受けたいと思う事があります。つまりキャッシングなどを希望する訳ですが、その際にはアコムなどが検討される事があるのです。実際この会社で借りている方々は、決して少なくありません。ところで人によっては、この会社からの情報の開示を求めています。なぜなら借金に関わる諸手続きで、色々な情報が必要になってくるからです。

そしてアコムに請求をすれば、そのような情報を簡単に知る事ができます。いわゆる郵送物などで、請求は可能なのです。ただし家族構成によっては、借りている事実が悟られてしまうリスクはあります。郵送物によって、それが発覚してしまう可能性はゼロではないからです。

しかしこの金融会社の場合は、申請次第で郵送物に対する記載は配慮してくれます。社名に関する工夫なども行ってくれるので、何らかの事情があるならば、それをこの金融会社に相談してみると良いでしょう。実際それで発覚を防止できている事例も多々あるからです。

 

アコムマスターカードの理由をイチオシ出来る人とは

アコムとアコムマスターカードはキャッシングとクレジットの2つの面を持ちます。アコムマスターカードの特徴として、借り入れとショッピング利用分を含めた返済をするのに銀行口座を通さなくていいということがあります。

一般的なクレジットカードの場合、契約する時に銀行口座をカード会社に伝えるようになっています。カード会社は銀行に対して、その口座からカード利用額を引き落とせるように依頼して、その後、引き落とし日に口座からお金を徴収するという流れになるわけです。なので、カード利用者が持っている銀行の通帳を見れば、カードを利用しているということ、そしてどれぐらい利用しているのかということがだいたいわかります。

しかし、クレジットカードを使っていることを家族にも知られたくないという人にとっては、銀行の通帳という家族なら見られてしまう可能性のあるものに、カード利用に関係する情報が記載されるのは困るわけです。しかし、アコムマスターカードの場合、キャッシングをする場合も、返済をする場合もATMから出来るので、口座から引き落とされることはなく、記録もされません。なので、家族に知られずにカードを使えるのです。

よって、カードをこっそり利用したい人にとってはイチオシと言えますし、また、好きな時に自由に返済したいという人にとってもイチオシのカードと言えるでしょう。

 

無人契約機だとカードが即日発行でスマホでも即日融資可能

今すぐお金が必要で超急の場合は消費者金融を利用する事がおすすめです。申し込み方法はインターネット、無人契約機などがありますがそちらから申し込んでも即日融資を受ける事が可能です。無人契約機の場合はカードが即日発行なのですぐにATMでお金を借りる事が出来てしまいます。

またインターネットでもスマホで申し込みの手続きが出来てしまうので場所を選ばないで申し込む事が出来てしまいます。そのため仕事などで忙しい人にとってはすごく便利です。即日融資がインターネット無人契約機と両対応しているのが消費者金融の魅力でもあります。

消費者金融で申し込むと審査というものがありますが、銀行カードローンのように厳しくないので1時間以内で終了してしまう業者が多いです。一番早い業者で最短30分なので契約までがすごくスムーズです。しかし金利が高く設定されているので借り過ぎや長期に渡る返済は避けなければいけません。借りるのは少額にしてなるべく早く返済しましょう。

カテゴリー: Money | 米雇用統計でしばしば活用されるアコム はコメントを受け付けていません。

急に車が必要になった時のカードローン活用法

img_law5

買い物や生活費の足しなど、借りた人が自由に使い道を選べるのがカードローンの魅力です。予期せぬ冠婚葬祭や病気はもちろん、地方への転勤などで急に車が必要になるほどの、大きな出費にも役に立ってくれます。ここでは、車を購入する時のカードローンの上手な活用方法について紹介します。

急に車が必要になりました

ある日、地方への転勤を命じられたAさん。赴任先を調べてみると、公共交通機関が網羅されておらず、車が無いと不便なようです。

都市部では交通網が発達しているので、車が無くても通勤や日々の買い物、レジャーなどで不自由することは滅多にありません。けれども、地方は利用者の減少で公共交通機関が次々と廃止され、残っていても一日に数本と限られた便数しかありません。休日になるとまったく運行されない地域もあります。

また、地方は郊外型の店舗が多く、逆に交通網が集中する鉄道の駅付近ほど閑散としている傾向にあります。そのため、車を使わずに品ぞろえの良い大型スーパーへ行こうとしたら、待ち時間覚悟で複数の路線を乗り継がなければいけません。車でないと行けないところも結構多いのです。それは、レジャースポットについても同じことが言えます。

その代わり、土地には余裕があるので、住まいとなるアパートや勤務先、商業施設は駐車場が充実しており、ほとんどが無料で利用できます。このように地方では、車を所有しているのが当たり前になっているのです。

車購入時に発生する諸費用について

車を購入するには以下の費用がかかります。

自動車本体

ディーラーなど自動車販売店で表示されている価格です。

新車は当然ながら新品なので、安心して乗れます。また、メーカーのアフターサービスが充実しているので、長く乗れます。エコカー減税が適用される車であれば、自動車取得税と重量税が軽減されるので、その分お得です。

一方で、価格が高い上に価値の下落も早いので、短期で手放すと高くついてしまいます。また、納車に数週間以上の時間がかかるので、今回のAさんのように急に車が必要な時には、あまり適していないかもしれません。

中古車は安価で購入できるのが魅力です。展示している車をそのまま納車するので、すぐに入手できます。ただし、コンディションは運任せなところがあり、乗っているうちに様々な不具合に直面する機会が新車よりも多くなります。基本的に販売店のサポートになるので、新車ほど十分なアフターサービスを受けられない可能性もあります。

アクセサリー

カーナビや冬用のスタットレスタイヤなどです。新車でも中古でも車とセットで購入するとお得な場合があります。

自動車税

車の排気量で異なり、普通乗用車は最低でも3万円ほどかかります。軽自動車であれば、おおよそ4分の1くらいです。年度途中の購入であれば月割計算になります。

自動車取得税

50万円以上の車(アクセサリーを含む)を購入した時に発生します。普通乗用車で購入価格の3%、軽自動車で2%です。中古の普通乗用車を購入した時だけ、新車より少し安くなります。

車検費用

新車購入時には車検が必要です。整備費用によって異なりますが、重量税や自賠責保険などを含めて8万円以上は見積もった方が良さそうです。中古車は2年以内に前の所有者が車検を行っていれば不要ですが、自賠責保険は車検までの残り期間分を支払わなければいけません。

任意保険

各損害保険会社が取り扱う「自動車保険」のことです。自賠責保険のように強制加入ではありませんが、万が一、事故を起こした時は莫大な賠償金を自己負担しなければいけません。自動車保険の加入期間や事故歴、車のグレードや補償内容、車両保険の有無などで保険料は大きく変わります。

その他

消費税はもちろん、自動車の登録や車庫証明、リサイクル料金などの諸費用がかかります。納車費用は自ら引き取りに行くのであれば不要です。

本来なら自動車ローンの出番だけど……

Aさんのように、急な転勤ですぐにでも車を必要とする場合、これらの金額を現金で一括払いできる人は、そんなにいないでしょう。こんな時、真っ先に浮かぶのが「自動車(マイカー)ローン」です。使用目的を自動車購入に限定しており、金融口座から振り込まれた資金は、直接購入先であるディーラーの口座に振り込まなければいけません。

今では多くの金融機関が自動車ローンを取り扱っています。特に金利の低さは大きなメリットです。2%から4%あたりが中心で、2%を切る低いところもあります。例えば240万円の車に頭金無しで5年(60か月)のローンを組んだ場合、金利が3%未満なら支払う利息は20万円以下で済みます。

口座を開設したり、給与の振込や公共料金の引き落としなど、一定の取引があればさらに金利を引いたり、プリウスなどのエコカーに低い金利を適用する金融機関もあります。

さらに自動車ローンは本体だけでなくアクセサリーや諸費用(任意保険は除く)に充てることもできます。また、自動車ローンは総量規制の対象外であり、理論上は年収の3分の1以上でも借りることが可能です。返済期間を比較的長く設定できるのも魅力と言えるでしょう。

けれども、金融機関のローンなので、審査が厳しいことで有名です。年収や年齢、勤続年数などによっては断られたり、保証人を求められるケースも多いようです。他にも、必要書類の提出が多く、ローンが実現するまで時間と手間がかります。もし、手続きのために来店しなければいけないなら、日中働く人にとって利用しづらいでしょう。

それらの問題をクリアできるのであれば、車の購入費用を大きく抑えられるので、お得です。ただし、今回のAさんのように急を要する場合は、手続きの煩雑さと融資までにかかる時間がネックとなるでしょう。

ディーラーローンという選択肢もあります

金融機関の自動車ローンよりは金利が高くなりますが、「ディーラーローン」という選択肢もあります。

「ディーラーローン」は各ディーラーが信販会社と提携したローンです。普段の買い物でも目にする「ショッピング・クレジット」という、特定の商品を購入する時だけ契約するクレジットの自動車版です。

申込は専用の書類に記入するだけ。用意するのは運転免許証と印鑑登録証明書、支払に利用する口座の銀行印くらいです。ディーラーが手続きの窓口となってくれるため、分からないことがあっても、すぐにアドバイスを受けられます。もちろん定休日以外なら土日や祝日でも対応してくれます。

ディーラーによっては、ローン申込の特典として、本体価格の値下げやオプション品を無料で提供するなどのサービスを実施しているところもあります。また、審査は金融機関の自動車ローンほど厳しくはなく、懇意にしている顧客や、常連からの紹介者であれば、大目に見てくれる場合もあります。

一方で、金利は自動車ローンよりも高く設定されています。ディーラーによっては8%近い金利のところもあり、先ほどの240万円の車を5年払いのローンにした場合、利息だけで約50万円かかります。3%の自動車ローンよりも30万円余計に払わなければいけません。

車本体以外の諸経費には使えないため、アクセサリーの購入や税金・車検の費用は別途用意する必要があります。独自の手数料を取るディーラーもあるので、契約の時はどれくらいの返済額になるのか、しっかり確認した方が良いでしょう。

また、車の乗り換えを促進するために、ローンの期間が短く設定されています。銀行の自動車ローンであれば最長で10年の返済期間がありますが、ディーラーローンはせいぜい5年です。

一番のネックになるのは、車の名義が購入者自身ではなくディーラーになってしまうことでしょう。ディーラーローンは車を担保にすることで、万が一支払えなくなった時でも貸付側のリスクが軽減されるため、審査を甘く出来るのです。

完済すれば、車の名義は変更できますが、こうした所有権の移動でディーラーとトラブルになるケースも多く見られます。ディーラーにしてみると、所有権を保持していることで顧客と常にコンタクトを取れて、継続して営業できます。今後長く同じディーラーと付き合うのでなければ、後々厄介なことに発展する可能性があります。

一般的なクレジットカードの買い物でも、カード会社への支払いが完了するまで所有権はカード会社のものです。残債があるうちに転売するのは違反行為にあたります。もし、途中で車を手放す場合は、ローンの残額を一括払いしなければいけません。携帯電話をイメージすると分かりやすいでしょう。

このようにディーラーローンは、金融機関の自動車ローンよりは金利が高く、用途は限られているものの、手続きが簡単で時間がかからず、審査も比較的甘めです。Aさんのように急を要する場合は、とても魅力的です。けれども名義はディーラーにあるため、途中で手放したり、いずれ名義を変更する際に、面倒な思いをするのは覚悟した方が良いでしょう。

ローンの審査に通らない理由

金融機関の自動車ローンや、ディーラーローンには申し込む時に必ず審査があります。

ディーラーローンは信販系のサービスになるので、総量規制の対象になります。年収の3分の1を超える借り入れはできません。240万円の車を全額ローンで購入するなら、単純に720万円の年収が必要です。そのため、200万円以下の年収でローンを組むのは余程の裏技が無い限り難しいでしょう。

けれども、正社員で年収も勤続年数も十分にあるのに、何故か審査に通らない人がいます。その場合は、以下の問題点が無いか確認しましょう。

返済遅延や滞納などの金融事故がある

過去に返済を遅らせたり滞らせたりすると、「金融事故」として信用調査機関に登録されます。当然、これが残っているうちは審査に通りません。意外とうっかりしがちなのが携帯電話料金や家賃の滞納です。口座振替にしているなら、常に残高をチェックして、引き落としできなかった、ということがないように気をつけましょう。

また、家族が名義を使って携帯電話を契約していたり、通販で商品を購入しているなら、払い忘れがないかチェックしましょう。

トータルでの借り入れ額が多い

自動車のローン自体は少額でも、他にローンを組むなどしてトータルの借入額が多かったり、4件以上の借り入れがあると、支払い能力を疑われて審査に通らなくなります。これにはクレジットカードのリボ払いも含まれるので、そのような残高があるなら先に支払いましょう。

また、複数枚のクレジットカードを所有して、キャッシングの枠が豊富にあると、現在は使っていなくても将来的には多重債務に陥る可能性があるため、やはり審査には通りづらくなります。クレジットカード会社に申し出てキャッシング枠をゼロにしてもらった方が無難です。

借り入れの実績がない

欲しいものは現金で買うというポリシーは素晴らしいことです。けれどもローンを組む場合には却って仇となります。借り入れの実績が無いために、返済能力の判断がつかないためです。そんな時はクレジットカードを作って、数回の使用と返済を繰り返してから申し込めば審査に通る可能性が高くなります。

家族がいるのに保証人が他人

保証人をつけなければいけない時に、もし家族が健在であれば真っ先にお願いするのが通常ですが、あえて他人を保証人にすると、何か後ろめたいことがあると疑われてしまいます。ディーラーが家庭の事情を知っているなら別ですが、基本的には家族にお願いした方が良いでしょう。

生計を共にしている家族がブラック

本人に問題が無くても、生計を共にしている家族がブラックだと、その家族の代わりにローンを組もうとしていると疑われて、審査に落ちてしまいます。その場合は問題の家族と生計を別にすることで通るかもしれません。

ちなみに、このようなブラックの履歴は、任意整理で完済してから最長7年ほど、自己破産や民事再生なら10年ほどで消えます。ただし、事故を起こした金融機関の履歴は一生残るので、同じ系列会社のローンは利用できないと考えた方が良さそうです。

もしも、上記のような心当たりがまったく無いのに審査に落ちるなら、信用情報機関に自分の事故歴を開示してもらう方法があります。大手のJICCやCICはスマートフォンでも手続きが可能で、1,000円の手数料を支払えば郵送で開示してくれます。

カードローンならいろいろ便利です

ここまで銀行の自動車ローンと、ディーラーローンを比較してきましたが、前者は金利が低い代わりに手続きが面倒で審査も厳しめ、後者は手続きが簡単で審査は緩いけど、金利は高くて名義問題が後々面倒など、それぞれにメリット・デメリットがありました。

特にAさんのように急ぎで車が必要で、今後の勤務先によっては手放す可能性もあるなら、どちらも一長一短です。そこで、お勧めしたいのが「カードローン」の利用です。

カードローンは20歳以上で安定した収入があれば、誰でも申し込めます。使い道は事業目的で無ければ何の制限もありません。保証人は原則不要です。借り入れ希望額が300万円まで「収入証明書」が不要な金融機関も多く存在します。

手続きや審査は、条件が整っていれば1日もかからなったり、窓口まで行かなくてもインターネット上で完了するところもあります。また、銀行のカードローンなら総量規制の対象外です。

唯一のネックは金利の高さですが、これも設定された限度額次第ではディーラーローンよりも低くなる可能性があります。特にネット専業の銀行や地方の金融機関では金利を低くするキャンペーンに力を入れているので、タイミングが合えば積極的に利用したいものです。自動車ローンと同様、口座を開設しサービスを利用することで、さらに金利を低くできる金融機関もあります。

Aさんのように、急に車が必要なニーズを満たしてくれるのはもちろん、ディーラーには現金払いで購入するので、名義は最初から自分自身です。いつ手放そうが何のしがらみもありません。また、車の購入だけでなく、あらゆる費用を賄えるので、当座を凌ぐ資金としても心強いものがあります。

こんな私でもカードローン使えますか?

Aさんは会社勤めをしているので、安定した収入があります。新規にカードローンを申し込んだとしても金融事故歴が無ければ、すぐに利用できるでしょう。

けれども、急に車が必要になるのはAさんのように安定した収入がある人だけとは限りません。例えば、家族の通院に車を利用したい時、彼女ができてドライブを楽しみたい時などです。

前者の場合、専業主婦なら配偶者や家族に安定した収入があって、勤務先への在籍確認ができればカードローンを利用できます。そうでなくてもパートやアルバイトなど自らに安定した収入があれば問題ありません。これは学生でも同じです。ただし、借りられる金額は低く設定されるので、購入できるのは軽自動車や中古などに限られます。

銀行のカードローンを利用できないのであれば、消費者金融系のカードローンという手もあります。審査に通りやすく、返済が滞りそうな時に多少の融通を効かせてくれるところもあります。ただし、金利は上限の18%を設定しているところがほとんどです。また、総量規制の対象になるので、専業主婦は利用できません。

いずれのケースも無職は、問答無用で利用できません。返せる見込みがないのですから、貸してくれないのは当然です。金融機関によっては年金を収入と見てくれるところもあるので、例えば未亡人で遺族年金を貰っているならカードローンを利用できる場合もあります。けれども離婚して慰謝料を貰っているのは収入と見なされません。無職なら、まずは働いて安定した収入を得るのが先です。

車には維持費もかかります

車の購入にカードローンを利用する際は、返済額に余裕を持たせましょう。例えば10万円の返済能力があったとしても、8万円に設定するなどです。なぜなら、車は購入した後も維持費がかかるからです。

例えば以下のような維持費がかかります。

ガソリン代

車はガソリン、または軽油で走るものがほとんどなので、走った分だけガソリン代がかかります。ガソリン代は原油価格の影響を受けて変動し、つい数年前には180円台まで上昇したこともありました。通勤の利用には会社側で手当を出してくれますが、プライベートの利用は自分でカバーしなければいけません。

自動車税

車を購入した時だけでなく、毎年4月に必ず支払わなければいけません。

任意保険

これも毎月または毎年払わなければいけません。安全運転を心がけていれば、契約期間が長くなるほど安くなり、支払方法を年払いなどの一括にすると、さらに安くできます。ただし補償内容を犠牲にしてまで保険料を安くしてはいけません。

車検

2年に一度は必ず車検を受けなければいけません。車検の切れた車は公道を走れず、道路運送車両法違反で30日の免停か30万円以下の罰金が科せられます。車検が切れていると自賠責保険が更新されていない場合も多いので、結局は90日の免停か80万円以下の罰金が科せられます。点数も一気に12点引かれるので、あと3点で免許取消です。

車検にかかる費用は、自賠責保険や重量税などの法定費用と、整備や検査などの車検基本料に分かれます。このうち法定費用は車種によって金額が決まっていて、軽自動車なら約3万円、普通乗用車なら最低でも4万円以上はかかります。

一方、車検基本料は業者が自由に決められるので、どこに頼むかで大きく差が出ます。一般的にディーラーは高くなりがちで、カー用品店やガソリンスタンドなどで依頼する方が安上がりです。車の知識があるなら、「ユーザー車検」と言って自ら運輸支局などに車を持ち込めば車検基本料は発生しません。

ただし、いずれの場合も部品交換の必要があれば、その分の出費が別途発生します。お金がかかってもベストコンディションにするか、リスク覚悟で安く済ませるか悩ましいところです。

定期点検

車検とは別に1年または2年ごとの定期点検も義務付けられています。これは事前にトラブルを防いだり、走行機能を維持するためのものです。よくフロントガラスの隅に丸いステッカーが貼ってありますが、これは定期点検を受けた証なのです。どこに頼むかにもよりますが1万円から2万円程度、部品交換が発生すればその分の費用も必要です。

消耗品の購入

車には思った以上に消耗品が多く、目に見える範囲ではタイヤやワイパー、内部ではエンジンオイルやエアコンガスなどです。また、定期点検や車検の時に劣化した部品の交換を求められる場合があります。

駐車場代

地方なら住居・職場・大型店舗など、ほとんどの場所で駐車場のスペースが確保されており、無料で利用できますが、家賃以外に別途駐車場代を取るアパートがあったり、商店街では有料の駐車場を利用しなければいけないところもあります。

これらの維持費を月平均で換算すると、1か月でおおよそ1万円から2万円ほど余分にかかります。そのため、現在の返済能力いっぱいまで返済額を設定すると、家計が破綻することもあるのです。カードローンを組む時には、こうした維持費の増加も考慮しましょう。

また、Aさんは地方での生活を便利にするため車を購入しますが、将来的に交通網の発達した都心に戻り、車を使う機会が減っても維持費はかかり続けます。そのため、車を手放して売却代金をローンの返済に充てた方が良い場合もあるのです。

こうした面から見れば、地方への転勤を理由とした急な車の購入には、自由度の高いカードローンが役に立つことを理解できるでしょう。

さいごに

カードローンの申込が簡単で、保証人も必要なく、どんな目的にも使える使い勝手の良さと自由度の高さは、車を購入する際にも大きなメリットになります。もちろん高額を借り入れることになるので、普段の急な出費に利用する時よりも、しっかりと返済計画を立てましょう。

カテゴリー: Money | 急に車が必要になった時のカードローン活用法 はコメントを受け付けていません。